ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイドエリア(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ
  1. トップ > 
  2. 都民安全・治安対策 > 
  3. 外国人に関すること > 
  4. 在住外国人等による子供の見守り活動

在住外国人等による子供の見守り活動

都内の在住外国人は、平成31年4月現在約55万人と増加傾向にあります。また、同4月には「出入国管理及び難民認定法」の改正があり、2040年には2倍以上の125万人となることが見込まれるなど、在住外国人は今後更に増えることが想定されています。 この様な状況を踏まえ、「地域の安全」を考える上では、在住外国人を地域社会の重要な構成員として位置付ける必要があります。

そこで、新たに在住外国人が多く集まる外国人コミュニティ等と連携し、子供の身守り活動を実施することにより在住外国人等の子供の安全を確保するとともに、活動に参加を通じ在住外国人等も防犯意識を高め、地域における防犯力の底上げにつなげていきます。


第1弾 江戸川区(インド人による子供の見守り活動)
1. 実施概要
(1)実施地区 :江戸川区内(葛西地区を中心として)
(2)活動主体 :葛西地区周辺に居住するインド人
(3)見守り対象:インド人の子供
(4)実施時期 :令和元年11月から
(5)募集方法 :説明会やイベントにより募集(開催が予定されている説明会は以下のとおりです)
日   時 会   場
令和元年10月15日(火曜日)
午前11時~午前11時30分
西葛西図書館 3階 視聴覚室
(江戸川区西葛西5-10-47)
令和元年10月26日(土曜日)
午後3時30分~午後4時

2. 子供の見守り方法
(1)実施方法:活動者が普段の生活の中で見守る「ながら見守り」により実施。
        買い物や散歩、通勤、ジョギングなどをしながら見守りをする。
(2)時間帯 :下校時を含む15時~18時
(3)その他 :東京都が提供するアームバンドを着用して活動
 

アームバンド

アームバンド

 

アームバンド着用例

アームバンド着用例


報道発表

お問い合わせ

都民安全推進本部 総合推進部 都民安全推進課
電話:03-5388-2744 FAX:03-5388-1217

ページトップへ戻る